ここから本文です

診療技術部門

 

BLS・ACLS講習活動

当院では職員であれば誰でも受講可能なAHA(アメリカ心臓協会)公認のBLS・ACLS講習活動を定期的に開催しています。

BLSとは一次救命処置(basic life support)のことです。一次救命処置とは、「急に倒れたり」「窒息を起こした人」に対して、その場に居合わせた人が救急隊や医師に引継ぐまでの間に行う応急手当に該当します。

ACLSとは二次心臓救命処置(advanced cardiac life support)のことで「気管挿管」「薬剤投与」といった高度な心肺蘇生法を示しますが、近年は心停止時のみならず重症不整脈、急性冠症候群、急性虚血性脳卒中の初期治療までを網羅したものとなっています。

 

   

 

京都南病院

〒600-8876
京都市下京区西七条南中野町8番地

交通案内

電話:075-312-7361(代)

外来担当診療表