ここから本文です

診療技術部門

 

マゴット治療

足切断を防ぐマゴットセラピー

ここ最近、新聞やインターネットで注目の治療法として話題になっているため、ご存知の方も多いかと思いますが、重度の四肢潰瘍をハエの幼虫(ウジ)が治す『マゴットセラピー』についてお話します。

マゴットセラピーとは

糖尿病足壊疽などの治癒しにくい四肢潰瘍に対し、ヒロズキンバエの幼虫であるウジ(=英語でMaggot:マゴット)を用いて治癒を促す治療法のことです。マゴットを用いた医療は古代から行われてきたものでありますが、その記録は殆ど書き残されていません。

欧米では、感染した傷がウジによって有益な影響を受けることが従軍外科医によって観察され書き留められています。傷の回復を助けるために意図的にウジを用いるようになったのは、20世紀初頭になってからですが、抗生物質の発見や進歩した外科技術により、次第に下火になっていきました。

しかし、最近になって、糖尿病足壊疽患者の増加や薬物耐性の感染の増加などにより、再びマゴットセラピーが脚光を浴びるようになってきました。

マゴットセラピーの3つの機序

マゴットセラピーはいかにして四肢潰瘍を治すのでしょうか?現在のところ詳細なメカニズムはわかっていませんが、3つの機序が考えられています。

1つ目は、ウジが壊死組織をきれいに食い尽くしてくれるということです。ウジの好物はあくまで壊死した組織で、正常な組織を食べてしまうことは絶対にありません。
外科的に壊死組織を除去するよりもマイルドで、出血したりすることもほとんどありません。

2つ目は、ウジが壊死した組織以外に感染したバイキンも食べてくれるという事です。苦手なバイキンや、また大量のバイキンがいる場合は難しいですが、バイキンを殺すたんぱく質を分泌しダブルの効果で感染に立ち向かってくれます。

3つ目は、ウジが創部の上を動き回ることで刺激され、新しい組織形成が促されるということです。壊死組織が取り除かれるだけでは傷は治らず、新しい組織ができてくれないといけません。ウジによる機械的な刺激が創傷治癒を促します。

マゴットセラピーの短所

では、マゴットセラピーの短所はどんなものがあるでしょうか?まず、ウジが創部を動き回るので、モゾモゾした違和感がある場合があります。しかし、痛みは全くありません。
他には、ウジが逃げ出したり、ウジの分泌物のニオイ(独特のニオイ)が気になったり、潰瘍が改善せず炎症反応が全身に及ぶことがあったり、といった短所があります。また、血行障害によるものや、重度の感染の場合は効果がなく適応はありません。

マゴットセラピーの現状

2002年の厚生労働省の糖尿病実態調査では、糖尿病患者740万人のうち1.6%が足壊疽を起こしており、年間3,500人以上が足切断に至っています。当院でも多くの糖尿病患者さんの診療をしていますが、足壊疽から足切断に至った方も数多くいらっしゃいます。
なんとか足切断を避けようと当院においてもマゴットセラピーをはじめました。現在日本には30施設ほどしかマゴットセラピーを行っているところはなく、京都府内で行っている施設はないようです。
今後当院は、京都におけるマゴットセラピーの先駆的立場として治療を行っていきたいと考えています。詳しくは外来診療時にお尋ねください。

 

お電話及びメール等でマゴットセラピーの適応等についてはお答えできません。必ず外来受診してください。外来受診を希望される方は当院、地域連携室までご連絡ください。また、マゴットセラピーは保険外診療となります。

 

お問い合せ

〒600-8876 京都市下京区西七条南中野町8番地
(075)312-8100(地域連携室)
(075)312-7361(代表)

 

ページの先頭へ

京都南病院

〒600-8876
京都市下京区西七条南中野町8番地

交通案内

電話:075-312-7361(代)

外来担当診療表