ここから本文です

診療技術部門

 

RI

RI室

RC-150E+HARP2(日立製)

RC-150E+HARP2(日立製)

E-CAM(東芝製)

E-CAM(東芝製)

RIと聞くと多少なじみの薄い感じを受けられるかもしれません。歴史的には比較的古くからある検査で最近は「PET」などで早期に癌が発見できるなどの話題も聞かれます。当院では「ガンマカメラ」を使用して、各臓器や病巣の機能や病態の検査を行っています。

 

 

検査方法の概要

まず検査の前段階で、RI製剤(放射性同位元素を標識化合したもの)を主に静脈注射にて体内に投与します。その後各検査に応じて時間経過を待ったり、投与直後からの様子を撮像したりする検査です。投与される放射性物質は、いわゆる放射線を出す放射能を持った物質ということになりますが、数日で体外に排出されるか、体内で消滅する程度の量を使用しているほか、体細胞に影響しにくいγ線を利用しているため、殆ど身体に対する影響は無いと考えていただいて結構です。

実際の画像

STATIC
甲状腺シンチ画像
SPECT
心筋シンチ
QGS
心筋シンチによる心臓の機能解析

 

 

 

ページの先頭へ

京都南病院

〒600-8876
京都市下京区西七条南中野町8番地

交通案内

電話:075-312-7361(代)

外来担当診療表